施工事例

[横須賀市東浦賀S様邸]埋込換気扇交換を行いました

換気扇の吸い込みが
悪いようなので
診て欲しいとご連絡頂きました

マンション専有部の洗面脱衣室とトイレの
排気を1台で兼用するタイプの
天井埋め込み型2室換気扇でしたが
30年以上前の換気扇で性能劣化し
ファン回転のちからが
弱くなったことが原因でした

天井板を剥がして木下地を壊し
新しい機器に組み替えて排気管と接続し
木下地や石膏ボードの補修後に
天井ビニルクロスを張り替えました

新しくなった換気扇はスムーズに
高速回転して匂いや湯気を
どんどん排出するようになりました
静音タイプで湿気対策用のステンレス羽根製
ですので安心してお使いください

:マンション専有部の洗面脱衣場とトイレ:
工事費(新機器+電気工事+ダクト工事+大工工事+内装工事+処分費など 約¥10.5万)

工事前

工事前

工事前

工事前

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

新機器

新機器

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

 

[三浦市三崎町H様邸]外部改修を行いました

軒裏がボロボロしてきたので
診て欲しいとご連絡を頂きました

前回の外部塗装からだいぶ間が空き
塗装自体の劣化も進行していましたが
板金屋根が錆びて穴が空き、雨漏りし
ていることが原因でした

下屋根置き型の2階ベランダは使わない
とのことでしたので解体して屋根材を剥がし
野地板を増し張りして強度を確保してから
屋根材を張り替えました。
こちらの工法はガルバリウムカラー鋼板による
桟葺き(さんぶき)工法と呼びます
※瓦棒葺きという職人さんもいます

雨漏りの心配がなくなりましたので
軒裏板を増し張りし、下地処理を施してから
屋外面の塗装改修を行いました

各構成素材にあわせた処理を施し
適切な手順で塗膜厚を確保することが
長持ちさせる秘訣ですので
職人さんも丁寧に重ね塗りを行ってくれました

併せて錆びて破損した雨戸も交換しました

美観だけでなく塗膜による
撥水機能が回復しましたので
改修した板金屋根以外からの
浸水の可能性もなくなりました

きれいになったお家で気持ちよく
安心してお過ごしください
:木造戸建て:
工事費(ベランダ撤去+下屋根改修+左官補修+足場設置
+耐水合板増し張り+塗装改修+雨戸交換など 約¥195万)

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

 

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

[横須賀市長沢Y様邸]ウッドデッキの改修を行いました

ウッドステップからデッキを通り
玄関に入る洋風でおしゃれなお宅ですが
経年でデッキ材が腐食し始め
高さもあるので危険な状態でした

また階段の昇り降りが容易にできない
ご家族さまもご同居されており
出入りの為の高低差でお悩みでした

ご家族様や福祉用具の会社さんたちとも
協議し、車椅子でも昇降機があれば
外出できるようになるとのお話になり
レンタル昇降機を組み込ませる形状で
ウッドデッキを作り直しました

玄関部ですので出入りが出来ない時間を
短縮する為、下ごしらえを加工場で済ませ
解体から歩行可能までを最短工程で行い
車椅子の通行部は手摺を取り外しが容易な
引っ掛け方式にして工夫しました

ご家族様も気軽に出かけられるようになり
安全・安心なウッドデッキに戻りました
喜んでいただきとてもうれしいです

:玄関アプローチ部:
(工事費 解体撤去処分+ウエスタンレッドシダー材+防腐保護処理+制作費など約¥58万)
※レンタル昇降機および昇降機設置工事は別です

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

木材類

木材類

保護塗料塗布

保護塗料塗布

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

 

[三浦市三崎町M様邸]階段手摺を新設しました

近頃、階段の段差がきつく感じられ
安全に昇り降りできるようにしてほしい
とのご要望でした

和風のお宅で階段室は柱などが
表しで納めてある真壁造りでしたので
梁型の高さに干渉しない金具を用意し
施主様が使いやすい高さの確認を行ってから
柱や枠にガッチリと金具が固定できました

最近は真壁造り対応の金具部材が
ありますので左官仕上げの塗り壁でも
下地補強材を取り付ける必要が無ければ
ローコストで手摺設置ができます

強度確認後にお試しいただきましたところ
「うん、これなら安心して使える。
もっと早くに頼めば良かった。」と
笑顔でご了承くださいました

:木造戸建て:(工事費 部材類+工事費 約¥5万)

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後