施工事例

[三浦郡葉山町O様邸]ガスふろ給湯器の交換を行いました

使用開始から13年目の給湯器をお使いのお宅です

以前からリモコンの表示がたまに消えて
操作が出来なくなることがあり
また、表示が戻ってお湯張りボタンを操作しても
浴槽にお湯が少ししか貯まらないで止まったりと
思うような操作が出来ないときがあったそうです

ご連絡頂いた前日もお風呂に入ろうと
お湯張り操作をしたのですが
浴槽には少しのお湯しか貯まっておらず
寒さが本格的になる前になんとかしたいとのご要望です

お伺いし機器を確認しましたが
通電しているのにリモコン表示が消えており
エラーメッセージも読み取れません

標準的な設置環境条件と仮定して
どのメーカーの給湯器でも標準対応年数は
基本的には8~10年くらいと言われており
すでに対応年数を超えていて
部分修理をしても他の部材や部品にも
不具合が発生する可能性が高いので
新しい給湯器に交換することになりました

ガス種に適合する機器とリモコンを入手し
ガスふろ給湯器交換に関した工事内容に対する
各資格を保持した職人さんが
手早くつなぎ直してきれいに交換出来ました

点火燃焼試験も問題なしです
安心してお風呂に入ってくださいね

三浦半島のほとんどの地域は
塩害区域と分類される区域になります

今回はメーカー純正標準機器での交換でしたが
機器内部のIC部にコーティングを施し
金属に防錆対策を施した
塩害対策品という機器もあります

短い期間で不具合や故障が起こる場合は
塩害対策品も取り扱っていますので
お気軽にお問い合わせ下さい

:ガスふろ給湯器:工事費(24号オート機器+工事費+廃棄処分費など  約¥17万)

工事前

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

[横須賀市森崎Aハイツ]玄関ドアのカバー改修を行いました

県外在住のオーナー様よりお問い合わせ頂きました

中古アパートをご購入し
入居者募集をかける前に
取引を行った不動産会社の仲介で紹介された業者に
錆が発生して美観の悪い玄関ドアの改修を提案されたが
高額な提案なのでほかに方法が無いかとの相談でした

現場を確認してみますと
化粧塩ビシート張りのドア本体内部から
錆が発生し、シートが破れたり膨らんでいる状態です

こちらのドアはすでに生産停止となっていて
低価格化と軽量化を図るため
ドア本体の芯材はペーパーハニカム構造に
薄い鉄板を貼り付けた仕様で出来ており
錆を落として塗装で改善したくとも
パテ処理など下地補修がうまく出来ない製品です

そこで既存のドア鉄枠の内側に
一回り小さく切り詰め加工した
ドアフレームを組み込んで枠から改修する
カバー工法でドア改修を行うことになりました
こちらの方が
外壁や内部造作との取り合いを壊さず
丁番ビス穴合わせやラッチ受け位置加工が
無くせるので、コストダウンになります

錆が発生していた鉄枠も
新しいアルミ枠でカバーして
すき間はすべて防水シーリング材で埋め
取り合い処理もきれいに出来ました

土間取り合いは段差解消部材を組み込んでいますので
つまずいたりもないと思いますよ

三浦半島は海に囲まれた立地条件のため
錆びの発生など塩害が起こりやすいです
コストダウンの相談でも
メンバーで知恵を絞りますので
お気軽にご相談くださいね

:鉄骨造アパート:工事費(特注ドアセット+施工費+廃棄処分費など 約¥16万)

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

[横須賀市久里浜A様邸]ビルトインコンロの交換を行いました

設置から15年目のガスコンロをお使いだったお宅です

大切にお使いになられていましたが
炎が出るバーナー部の穴が錆びて広がり
燃焼音が大きく火力が不規則になっていて
なかなか点火しずらくなり
危ないので交換することになりました

ガス燃焼機器は供給されているガスの種類に
合わせた機種を用意しないと
故障や重大な事故につながるため
慎重に確認し準備します

こちらのお宅は都市ガスの13A対応機器でした

適合機器の準備が出来ましたので
古いコンロを外し
機器の陰になっていた部位を清掃してから
新しいコンロを組み込んで
確実にガス配管を再接続出来ました

点火試験も燃焼試験も問題なしです
ご安心ください
また、おいしいご飯を作って下さいね

:ビルトインガスコンロ:工事費(新機器+工事費+廃棄処分費 約¥12万)

工事前

工事前

工事中

工事中

工事中

工事後

 

[横須賀市大矢部U様邸]カーポートの不具合改善を行いました

他社で施工したアルミカーポートを設置してあるお宅です

屋根だけでなく腰上の高さに
ポリカーボネート平板で壁を造った製品ですが
風が吹くたびにガタガタと大きな音を立て
とてもうるさいのを何とか改善出来ないか?との
ご相談を頂きました。

調べてみるとアルミのフレームに平板をはめ込み
ゴムパッキンで押さえてある造りですが
余裕が大きすぎて微妙なすき間があり
風が吹くたびに平板が動いて音が出ている様子です

ゴムパッキンが経年で縮んでしまった?のでしょうかね

風が吹いても平板が動かないように
シーリング工事を行うことになりました

すき間を埋め、アルミフレームと一体化するように
半透明のシリコンシーラント材を打設していきます

こちらの資材は硬化するとゴム状の弾力を保ちながら
アルミとポリカに密着するので
音の軽減だけでなく耐風力もアップしたと思います

またお役に立てることなどございましたなら
お気軽に連絡くださいね

:アルミカーポート:工事費(材料費+副資材類+工事費 約¥3.2万)

工事前

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後