施工事例

[横須賀市長沢H様邸]雨樋の交換を行いました

台風で木造倉庫の棟板金の一部が取れ
雨樋がぐらぐらになってしまいました

風害補償付きの火災保険に
ご加入されていましたので
被害申請をしたところ
補償が出ましたので
同様の仕様で直すことになりました

足場を組み立て古い雨樋を撤去し
金具から新しいものに交換します

こちらの倉庫は破風板のない
化粧垂木納め(けしょうたるきおさめ)
となっているので垂木側面に留め付ける
足長横打ち型の金具を採用しました

高い植栽に囲まれた立地なので
落ち葉による竪樋の詰まりを予防するため
一般住宅に用いる竪樋よりも一回り太い
直径75㎜の丸竪樋で納めました

棟板金は下地の貫板を交換してから
取り付けましたのでご安心ください

軒樋の定期的な落ち葉清掃は必要ですが
うっかりと忘れて竪樋に流れたとしても
径が太いので詰まる可能性はだいぶ低いです

お役に立ててよかったです

:木造倉庫:(工事費 足場組立+解体撤去+廃棄処分+軒樋交換+竪樋交換+棟板金交換など 約¥43万)※保険補償を受けられたため自己負担はありませんでした

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事中

工事中

横打ち金具

横打ち金具

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後

 

[横須賀市小原台Y様邸]棟板金と軒天の改修を行いました

台風で屋根の板金が取れて
軒天の一部が剥がれてしまいました

こちらのお宅の屋根は
平型化粧スレート葺きで
大屋根、下屋根の棟部の納まりは
棟包板金納め(むねつつみばんきんおさめ)
という仕様になっています

スレートを葺き上げて
貫という板材を打ち付けた上に
棟形状に加工した棟包板金材を
取り付ける納め方です

貫板にも痛みが見受けられるので
棟包の下地板を打ち替えてから
板金を交換します

また、母屋下がり(もやさがり)になっている
屋根妻部のケラバ板金も差し替えました

併せて部分足場を組み立てて
軒天を張り替え、軒裏換気口も交換しました

とりあえず鳥や虫の侵入や
雨漏りの心配はなくなりました

今回は火災保険の風害補償を利用した改修のため
直接被害を受けた箇所のみの部分改修でしたが
屋根全体の劣化も見受けられますので
屋根の全面改修もご検討くださいね

:木造戸建て:(工事費 棟下地交換+棟板金交換+ケラバ板金取付+部分足場組立+軒合板張り替え+部分塗装+換気口交換+付帯工事など 約¥35万)
※保険補償を受けられたため自費負担はありませんでした

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

耐水合板タイプ1

耐水合板タイプ1

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

 

[三浦市南下浦町M様邸]雨戸一筋交換を行いました

台風の強風で掃き出し窓の雨戸が外れ
横並びの高窓の戸袋に衝突して
雨戸枠が変形し閉まらなくなってしまいました

風害補償付きの火災保険に
ご加入されていましたので
保険を利用して雨戸枠を
交換することになりました

保険利用の場合
不具合箇所の同品もしくは同等品による
原状復帰が前提となりますが
既存の枠を調査すると生産停止となっている
特殊な形状の雨戸枠でした

入手可能なメーカーでの製品を調べ
施工工夫による納まりを検討して
特注枠を準備し機能回復をめざします

2階窓なので部分的な足場を組み立て
取り合いを加工しながら
きれいに交換することが出来ました

併せて衝突し損壊した雨戸も交換しました

外壁や窓との取り合いもしっかりと
防水処理していますので雨漏りの心配もありません

交換前よりスムーズに軽く動くようになったと
喜んでいただけました

:木造戸建て:(工事費 特注雨戸一筋セット+特注雨戸+足場工事+サッシ工事+諸雑工事など 約¥31万)※保険補償による補てんを受けられたので自己負担はありませんでした

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

工事後

 

[横須賀市長沢Y様邸]屋根カバー工法改修を行いました

屋根の棟板金を直してほしい
との連絡を頂き伺いました

大屋根の下り棟の包棟板金が
下地から無くなっているのが見えます

これ以上の被害拡大を防ぐために
棟の応急手当をしようと梯子を用意し
屋根に上がると「ありゃ~どうしましょ」
との声が出てしまいました

下から確認できた屋根面の死角となる
反対側のスレート屋根本体に穴が空いています

以前から雨漏りがしていたと思われ
下地が腐食して保持力がなくなり
屋根材も無くなってしまった様子です

棟だけのスポット修理では
おさまらないので
お施主様と相談し
コストダウンを勘案した内容で
屋根全体の改修を行うことになりました

屋根を剥がすことによる工費と
廃棄物処分費を減らしながら
屋根荷重を過剰には増加させない
ファイバーグラスシングル材による
カバー改修工法で屋根改修を行います

カバー改修工法とは既存屋根材の上に
新しい屋根材を増し葺きする工法です

屋根端部もきっちりと確実な
作業ができるように足場を組み立て
屋根欠損部の垂木(たるき)を補強し
野地板(のじいた)を貼り替えて下地を修繕し
自着型防水紙を張り付けてから
シングル材で葺き上げました

こちらの屋根材の重さは瓦の約1/4
平型化粧スレートの約1/2と
軽量のため建物への負担が少なく
カバー工法による改修をしても
耐震性に配慮された建材です

緩勾配でしたのでメーカー推奨の
粘着性下葺きをしっかり張り付けてから
専用接着剤併用で
葺き上げていますので
強風でもご安心ください

お役に立ててよかったです

:木造戸建て:(工事費 足場工事+屋根欠損修繕+粘着性ルーフィング工事+ファイバーグラスシングル工事+役物工事+付帯工事など 約¥126万)

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

工事前

応急手当

応急手当

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事中

工事後

工事後

工事後

工事後